先生紹介

グリーンウッドの先生たち

外国人だからといって日本人より英語を上手に教えられる保証はどこにもありません。日本人英語教師のほうが経験や技術に優ったり、日本人の子供たちのこと をよく知っている場合が多いです。それでもやはり外国人教師なしの英語学習は考えられない理由は、第一には発音の問題があります。特に幼児期からの学習者 は、ネイティヴに近い発音、スピード、自然な英語表現などに慣れる必要があるからです。
先生たちは、英語を母国語とする外国人講師です。子ども英会話教室での指導経験豊富で、各クラスのティーチングプランを毎回作成し、コミュニケーション中心の授業(生徒中心の授業で、発話を促す)を展開しています。飽きないスピード とリズムで子供の心をつかみ、発音と自然な英語表現、マナーも指導します。子供たちの無限の可能性を信じて“愛”と“情熱”を持って教えています。

Jonathan Hamelin(ジョナサン ハメリン)
Head Teacher(ヘッドティーチャー)
Jonathan Hamelin(ジョナサン ハメリン)

私は2005年から英語を教えています。グリーンウッドイングリシュアカダミーでは2007年から英語を教え始めました。私が受け持つ生徒が英語が『わかった』という表情を見た瞬間はとても嬉しいです。私は授業で、ただ英語を話しているだけでは なく人生についてもレッスンしています。また、生徒の性格の発達にも関わっています。それぞれの子供が大人になり始める時、誰もがまったく想像しなかった ように変化していきます。私の最大の望みは先生として、また人として成長し続けることです。私は教えることも学ぶことも楽しんでいます。

★ 皆様へ

約16年前に英語を教え始めましたが、今では自分が思っていた以上に英語を教えることが好きになりました。私が受け持つ生徒が「わかった」という表情を見た瞬間は、とても嬉しいです。私は授業で、ただ英語を話しているだけではなく、人生についてもレッスンしています。また、生徒の性格の発達にもかかわっています。それぞれのこどもが大人になり始める時、誰もがまったく想像しなかったように変化していきます。しかしながら、子供を教える事は、私が子供からたくさんのことを学んだように、一方通行ではありません。私の最大の望みは先生として、また、人として成長し続けることです。私は教えることも学ぶことも楽しんでいます。そして、私はこれからもこの仕事を続けていきたいと思います。

Ryan Hogan(ライアン ホーガン)
Teacher (ティーチャー)

こんにちは!私の名前はライアン・ホーガンです。カナダでスポーツ外傷リハビリ療法士として働いていました。
私はスポーツやエクササイズが好きで、特にバレーやビーチバレーは大好きです。
英語の先生としての能力を向上させること、また福岡の美味しい食べ物を食べることがとっても楽しみです!

★ 皆様へ

私はカナダから日本に2020年の1月に移り住み、2020年4月より英語を教え始めました。それからどんどん英語を教えることが好きになっています!
生徒の皆さんの英語の能力が向上している姿や、日々英語への興味が上がっていることをみることに対してとてもやりがいを感じています!

吉川 千裕 マネージャー
Chihiro Yoshikawa   Manager(マネージャー)・Teacher(ティーチャー)
吉川千裕マネージャー

皆さんこんにちは!グリーンウッドイングリッシュでマネージャーを務めている吉川です。私は、中学生の時に「留学をしたい」と思い立ち英語を本格的に学び始めました。それまではびっくりするほど出来なかった英語学習がそれをきっかけに飛躍的に伸び、夢だったアメリカ留学を高校生の時に実現させました。グリーンウッドイングリッシュに来る皆さんにも目標を持ち、自分の視野を広げ、苦手なことでも自分の夢に向かって頑張ろうとする姿勢を身に着けられるように影ながらサポートしていきます。

★ 皆様へ

人生の中で学んだ事は英語学習やピアノ、スポーツ、読書、全てにおいて大切なことは習慣づけてコツコツとやることです。どんなに難しくて出来なくてもやり続ければ必ず出来るようになると思います。また今後さらに国際化が進む中で、英語を使える事は生徒達のプラスに必ずなってくれる事でしょう。陰ながらサポート致しますのでどうぞ宜しくお願い致します。

更新日:

Copyright© グリーンウッドイングリッシュ , 2021 All Rights Reserved.